本文へスキップ

ゴルフレッスンを受けるだけではダメ、道具選びもしっかりと。

『飛距離アップこそがゴルフ道』は、なんとか飛距離をアップさせたいと考える ゴルフ初心者にもわかりやすく、 ヘッドスピードとヘッド重量、シャフトの長さと硬度、 といった飛距離アップに繋がりそうなことに関するあらゆる情報を紹介します。

飛距離アップさせる道具

ゴルファーにとって飛距離アップは永遠の夢で、どれだけ遠くに飛ばせるように なっても満足することはなく努力を怠る日はやってきません。 スイングのフォームチェックやトレーニングも欠かせませんが、道具選びにも 拘ってライバルよりも飛距離を出せるドライバーを追及します。 初心者だろうがベテランだろうが道具選びをおろそかにしていたらゴルフの腕が 上達しても驚異的な弾道のゴルフボールを打てない、そう思い込んで大枚叩いて 高価なゴルフクラブを購入する人も多いでしょう。 でも高い=飛ぶクラブではないので、値札で判断してはいけません。


ドライバーのヘッド

ゴルフ場で飛距離をアップさせるドライバーはどのようなものでしょうか。 ゴルフ用品店へ行っていくつかの商品を見て回っても、漠然と今より飛ばせるように なりそうなコピーがあるだけで専門知識のない私達にはそのメカニズムはちんぷん かんぷんで、スタッフに訪ねてもよく理解できません。 それでも新商品を買えば期待通りの成果を得られるかもしれないのでとにかく使って みようと購入を決める人もいますが、どうせならどんな仕組みで希望を叶えて くれるのか知っておいたほうが自身の自信も溢れます。 なのでここではヘッドについていくらか説明をしてみたいと思います。


ドライバーのシャフト

シャフトとはつまり棒で、グリップとヘッドの中間にあるポール状のパーツです。 長ければスイングをした時にその分遠心力が働きヘッドに多大なパワーを与えます。 しかし長すぎるとまともにボールを打てない危険もあるので、やはりここはいつも 通り「自分に合ったものを選ぶ」ことが重要だと念を押しておきましょう。 長さ以外にも硬度も気にしてドライバー選びをするようになって、ようやく一人前 の仲間入りをする玄関に到着したところでしょうか。 プロなら意識せずともシャフトの長さと硬度を瞬時に見定め、自分が使う姿を想像 するのも容易いことでしょう。 ヘッドに気を取られがちですがシャフトも相当重要パーツです。


道具と飛距離

お茶会でどうやったらドライバーの飛距離をアップさせられるか議論が白熱する 光景は何度も見てきたけれど、みんなの意見がひとつにまとまることはあまりなく 「大切なのはフォームだよ、レッスンを受けたり打ちっぱなしに行って腕を磨けば 必ずヤードも伸びるから」と主張する人、「道具選びだね、賞金を稼ぎまくってる プロゴルファーをみてごらん、メーカーと契約して特注品を使ってるんだぜ。 道具選びがいかに大切かと言う証明だよ」と譲らない人が延々とお茶をおかわり して討論を繰り広げ続けます。 どちらの言ってることもわかりますが実は両方共大切です。 でもここでは引き続き道具について解説していきます。


バナースペース