本文へスキップ

ゴルフレッスンを受けるだけではダメ、道具選びもしっかりと。

飛距離アップさせる道具

ドライバー

飛距離アップさせる道具 写真

ゴルフを嗜む人が飛距離アップさせたいクラブはドライバーです。 パターやアイアンも射程距離が長くなって困ることはりませんが、そちらは代用 が利きますので現状の飛距離で充分に遣り繰りすることは可能でしょう。 でもドライバーで届かない距離は他のクラブを使っても無理なことは明白で、 ならばドライバーでの飛距離をアップさせる方法を考えるしかないのです。 具体策にひとつに良い道具を探す、というのがあり、みんな血眼になって自分を 満足させてくれる1本を捜し求めています。 メーカーもそこは分かっているので、宣伝文句は「これで飛距離アップしますよ!」 「この長距離砲をあの子にみせつけてやれ!」「ライバルに差をつけろ!」 「プロも推薦する!」など過激なコピーで販売しています。 しかも毎年改良された新製品が開発されるので、使う側としてはその度に「これより 優れているなら新しいのも買っちゃおうかな、まだライバルに追いついてないし」 と更なる高みを目指しやすい環境が出来上がっています。 しかしプロゴルファーならともかく普通のアマチュアが次々に何本も購入できる 程安いものでもありませんし、道具にお金をかけすぎるよりもレッスンで腕を磨く ほうがいいのでは、との指摘もあります。 要は両方をバランス良く、そして値段で良し悪しを決めずに自分の使いやすい道具 を選ぶことが一番なので、あまり宣伝や広告に踊らされないようにしましょう。



最適なドライバー

自分らしさを表現してくれる最高のドライバーを見つける事は、簡単そうに思う かもしれませんがなかなか大変です。 ゴルファーとは欲深い生き物で、「お、これはいいかも」というクラブがあっても 「これこそ至高、最高だぜ!」という一本が他にあるはずだと手元にあるドライバー には納得せず、それを上回る商品を探します。 たしかにそう思わせるほど世の中にはたくさんの製品が出回っており、ヘッドと シャフトの組み合わせも数え切れないほどあるわけなので、無限の中から探し当てる ような錯覚に陥りそうになるのがクラブ選びです。 ちょっと車に乗ってドライブすれば中古クラブを売っているお店もすぐに見つかり ますし、いくらでも選び放題なのです。 実物には触れませんがインターネットで検索しても何百本、何千本ものドライバー がヒットしますし、最も自分にフィットする一本がどこかにあるとしてもそれを 発見できるかは運次第なのかもしれません。 なので目の届く範囲で、行動範囲の中で探せるうち、理想に近いものを見つける ことを目標にするのが現実的かもしれません。 ひとつ残らず購入して実際に使って確かめることは時間的にも金銭的にもきつい でしょうから、自分の体格やパワー、スタイルや股下の長さ、動体視力を参考 にしてある程度条件を絞込み、その中から握ったりアドレスの構えをとって 道具の声に耳を傾けて取捨選択していきましょう。


ドライバーのスペック

現在市販されているドライバーは長く軽いタイプが主流で、長いことは飛距離に 良い影響がありそうですが軽いのはその逆、飛距離ダウンの要因になります。 しかしただ単純に重さだけで判断するのは軽率で、持ち主のパワー次第ではその 軽さの方が良い結果になる場合もあるので一概に「軽い=飛ばない」とは言えません。 筋力不足で重いクラブを使いこなせないのなら、コントロールしやすい軽いクラブ を使ったほうがいいからです。 「ショップで店員に勧められたから軽量化を謳っているドライバーを使っているけど 思うように飛ばなくなったな、3年前に買ったやつより5ヤードはダウンしたよ」 というならアンダースペックも考えられますので重いタイプに戻すべきですが、 このへんは自分に合わせて選択しなければいけません。 普通の体格以上〜ぽっちゃりの男性なら300グラム以下だとアンダースペックで、 軽すぎるゆえに腕の力だけで振り回してしまったりインパクトが当たり負けをして 完璧に振りぬけなくなってしまいます。 飛距離をアップさせるにはスコーンと振り切れるようにある程度の重量も必要で、 つまり正しいフォームで扱える範囲の中で一番重たいクラブが一番となります。 長さはアドレスの姿勢が安定するサイズであることが肝心で、構えやすいと感じる ことができなければ自分には使いにくいと判断しましょう。 落ち着かない感覚が付きまとうようでは最高のスイングはできません。



バナースペース